発泡部門

発泡部門

安井株式会社 発泡部門の歩み

昭和42年8月に安井㈱の事業の一環として宮崎県延岡市にて操業を開始致しました。
その後、養殖用フロートの生産を皮切りに
昭和49年には魚函用成形機を増設し、南九州の鮮魚の鮮度保持輸送の一端を担って参りました。
昭和54年には鹿児島県霧島市(国分)へ発泡スチロール成型工場を新設。
当時の南九州の水産業界、錦江湾の養殖事業との取り組み等を行わせて頂き、大過無く順調に推移しております。

平成4年には本社工場移転に伴い、宮崎県門川町の本社工場の敷地内へ発泡部本社工場を新設。
平成14年には宮崎県日南市へ日南営業所を開設。日南市の油津漁港の鮮魚出荷用資材供給を開始。
平成20年には北部九州地区の販売拠点として福岡市南区へ発泡部の福岡営業所を開設。同時に佐賀県鳥栖市へ
物流拠点として、発泡部門福岡配送センターを開設し北部九州地区の細かな配送にも対応出来る様に致しました。

私どもは発泡スチロール製品の軽量、高断熱、自由な形状の特性を生かしあらゆるモノ創り(創造)を
行っております。再資源化も容易で有り、省エネルギー性に優れた素材で環境に優しく、これからもあらゆる
産業と取り組みを行い、新しい分野へと進んで参ります。又、弊社は発泡部門だけで無く、射出部門、印刷部門、
商事部門と、それぞれの事業を展開しており、別部門とのコラボにより色々な角度よりあらゆる産業界の
お客様へ新たな提案を行いながら『創造企業』を目指して参ります。

PAGE TOP